過去の記事 l  最近の記事 l  カテゴリー l  リンク l  プロフィール l 
<< 恥ずかしくないと絵画的研究誌。 | main | わたしの憧れるもの。 >>

2012.03.02 Friday

恥ずかしくない。

 
 
  
松村佳世 個展「絵画的 松村佳世 研究誌 廚砲翰莨譴い燭世ました皆様、ありがとうございました!

『絵画と言葉の違いは何か』を自分自身に問い、また我々にもその問いを展示空間で投げかけた今回の展示。

照明を意図的に落とし、絵画作品を見せるというよりは、ヨーロッパの室内を思わせるように仕上げた展示空間全体で、作家の答えを表現しているかのようでした。

「絵を描くことは絵を研究するのと同じこと」

松村佳世はこの先も絵を描くことで、絵を研究し、わき出る疑問と答えを表現し続けることでしょう。

また、新たな研究結果が発表されるのが楽しみです☆



展示の様子はこちら

http://blow-works.com/gallery/near.archive.html

nearのfacebookにもアップしております☆

http://www.facebook.com/cafediningnear



さて、gallery "L"では引き続き、第9回 HASE 個展 「恥ずかしくない」を好評開催中です☆



gallery "L"






第9回 HASE 個展 「恥ずかしくない」

2012年2月24日(金) - 2012年3月7日(水)



期間:2012年2月24日(金) - 2012年3月7日(水)
開廊時間:12:00-22:00(最終日は17時まで)
会場:cafe dining near 店内 「gallery " L "」
展示作品:絵画作品を展示


PROFILE

HASE(はせ)

1980 大阪府生まれ
2003 京都嵯峨芸術短期大学 専攻科修了
2008 京都インターナショナルアカデミー 修了
2010 ロンドンへ移動
2012 帰国

【 個展 】

2007 HASE 初個展 「デトックス」
2008 第2回 HASE 個展 「憧れと恥じらいと罵倒」
    第3回 HASE 個展 「出るということ」
2009 第4回 HASE 個展 「鳥とうさぎとヒトの絵」
    HASE 初裸婦クロッキー展
    第5回 HASE 個展 「大袈裟なものじゃない」
2010 第6回 HASE 個展 「うれしいことはうれしいと伝える。」 ( The Pattern Market 2011)
    第7回 HASE 個展 「素敵で普通で貴重な生活」 ( The Phermacy Of Stories )
    第8回 HASE 個展 「不器用」 ( HATCH SPACE )

【 グループ展 】

2009 日音色 企画展 「・」(てん)がテーマのグループ展 「・展 」参加
2010 「 ART IN MIND 」(The Brick Lane Gallery)
2011 チャリティーイベント 「 MAGNETUDE NINE 」 ( Blackall Studios )
    日音色 チャリティー 企画展 「 線 」 参加
    日音色 チャリテイー 企画展 「 線 のつづき 」 参加
    「HEAR IS MY HEART」( The Phermacy Of Stories )

【 アートイベント 】

2007 京都アートフリーマーケット 参加
2008 ro-ji Produce Art Exhibition「empty garden」 参加
2009 デザインフェスタ vol.29 参加
2011 SE London Zine Fest 参加 ( The Amersham Arms )


WEB
http://d.hatena.ne.jp/HASE-78/


プレスリリース
http://blow-works.com/gallery/120224_0307.html




先日、開催された第4回カウンタートーク☆

HASEが、自分の絵に対する気持ちや、表現すること、ロンドンへ行ったことなどを、素直に、一生懸命言葉にしております!(今回は結構真面目な内容となっております^^;)


カウンタートークの様子はこちら
http://www.ustream.tv/recorded/20777090



何かを表現している人。制作している人。いや、今を生きる全ての人達にHASEの絵、言葉を見て、そして、何よりもHASE本人と会ってお話ししてみてください。

必ず何か、共感できることや「気付き」があることと思います。



皆様のご来場お待ちしております☆





cafe dining near ∽ gallery nearのfacebookページです☆いいね!していただけると喜びます☆
                    ↓↓↓↓↓