過去の記事 l  最近の記事 l  カテゴリー l  リンク l  プロフィール l 
<< カラフル。 | main | おえかきびよりとスケッチきり絵展。 >>

2011.03.16 Wednesday

今、思うこと。

 

今回の大地震、津波により、被害に遭われた方々には謹んでお見舞い、ご冥福をお祈りいたします。

そして、今もなお、被災地にて避難をしいられていらっしゃる方々に、1日も早く、心安らぐ日々が訪れる事を祈らずにはいられません。




心が、だいぶ落ち着いてきました。


地震発生から3、4日間、仕事が手につかず、やるべきことがほとんどできませんでした。


1日中お店にいるので、情報源としてはネットしかないのですが、地震の第一報はツイッターからでした。


関西、京都におられる方々から「地震?」というツイートが流れ、その後、関東方面の方からのツイートで、凄まじい巨大地震が起こったことを知りました。


その後は、様々な地震に関する情報が溢れ、正しい事、誤った情報などが錯綜し、もはや、何を信じていいのかわからず、ただ、流れていくタイムラインを呆然と見つめることしかできませんでした。


ニアを一緒に作ってくれた友達に福島県出身の子がいたり、ニアと関わりの深いアーティストさんが福島県出身だったり、つい先日個展の打ち合わせをした方の身内の家族が宮城県にいらっしゃったり。。。


目の前のタイムラインには情報を求めるツイート、店内のカウンターでは家族と連絡をとろうと必死に電話を繰り返す友達。

もう、何をどうして手助けしたらいいのかわからず、何もできない自分に腹が立ち、ただ、ただ、無力感を感じることしかできませんでした。


目の前で起こっている非現実的な現実が、考える力を奪っていったような気がします。


多くの方がそうしていたように、冷静な判断が出来ない状態での、情報の拡散は危険と判断し、ニアも、一切のツイートを自粛しておりました。


本当に有益な情報がひとつでも、被災地におられる方、情報を必要としていらっしゃる方々に、もたらされる事を願って。




被災地の方々にとっては、これからが長い長い復興への道。


ニアがニアとして、今できること。これからの長い道のりにおいて、お手伝いできること。


一生懸命考えた結果、やはり、「普段通り営業し、笑顔でお客様を迎えること」そして、長い復興への道のりに少しでも協力できるよう、「募金箱の設置」にたどり着きました。


ニアはギャラリーとして、カフェとして営業させていただいておりますが、その空間の広さを生かした様々なイベントも開催しております。


一度にたくさんの方にご来場いただけるイベント時に募金箱を設置し、ご来場いただいた皆様から、少しずつでも、義援金を募らせていただきたいと考えております。


一番近いイベントはアートイベント「キノコレ」のアフターパーティー「キノコフェス」。


このイベントから、募金箱を設置し、その後、ニア主催のイベントには募金箱をその都度設置させていただこうと思っております。

1回きりではなく、継続して、長いスパンで、微力ながらも協力できればと思います。


集まった義援金は日本赤十字社京都府支部に、イベント終了ごとに直接持っていきたいと考えております。


ちいさなお店ですので、一度にたくさんの義援金が集まるということは難しく、また世界各地では、様々な災害に見舞われてる方々もおられます。

その全てに同じように協力するということはできませんが、今回は身近な方々にも影響を及ぼしているということもあり、人ごとには感じられず、いてもたってもいられませんでした。


ニアに関わってくださっている皆様、またこれからイベントにご来場下さる皆様に、無理なくご協力いただけますと幸いです。



日を追うごとに明らかになっていく被害状況。

目を覆いたくなるほどの惨状に、気持ちは落ちていく一方。


でも、いろんな方がブログやツイッターで伝えているように、被災地以外の地域の人ができること。


それは、日々を変わらず過ごすこと。


日々を変わらず過ごし、経済を動かし、結果、被災地の復興につながる。


そう信じて、ニアも日常を取り戻すことにします。


そして、お店として、たくさんの方に関わっていただいている以上、ニアとしての思いをお伝えしなければと思い、こうしてブログにつづらせていただきました。



様々な思いを持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、今のままでは前に進めないような気がしますので、本日から、ニアは普段通り営業いたします。


ツイッターでは「☆オーーーーープン☆」のつぶやきと共に毎日の営業を開始いたします。


「キノコフェス」を成功させる為に「キノコレ情報」もつぶやきます。


たくさんの方に出展していただき、楽しいイベントになるようにがんばります!



これを書いている現在も、書き連ねた思い、取ろうとしている行動全てが正しいのかどうか、正直わかりません。



でも、ニアが日常を取り戻すことで、身近な人、ニアを知ってくれている人、その繋がり。。。今回の悲劇によって心を痛めた人々に、ほんのひとときでも安らぎがもたらされることを願って。。。



ニア店主




cafe dining near ∽ gallery nearのfacebookページです☆いいね!していただけると喜びます☆
                    ↓↓↓↓↓